わんにゃんフォトが選ばれる理由

わんにゃんフォトが選ばれる理由を、実際にご利用頂いたお客様から特に多かったお声と併せてご紹介させていただきます。

 

 

1.親近感&信頼感

人も動物も大好き。「中村さんは動物に警戒心を抱かせない」と言われることが多く、これまでの撮影でも「仲良くなれなかったペットはゼロ」「人見知りペットたちの撮影成功率100%」。そしてこれは今なお更新中です。

 

飼い主様からも「爪も威嚇もなく、初対面でなでさせるのも初めてだった」「警戒心強い子ですが、あっという間にリラックスモードで部屋中飛び回って大喜びだった」「噂通り、動物に好かれる方の様で、他人には慎重な愛犬が、すぐに寄り添う姿に安心できた」「愛犬たちにも、娘や私にも寄り添いながら撮って頂けたのが、想像以上に良かった」など驚きと喜びの声を多くいただいております。

 

2.ペットファーストな撮影

カメラマン自身も2匹の猫と暮らしており、いち飼い主でもあります。だからこそ、ペットに無理強いをさせるような撮影は1番やりたくありません。撮影で強く心がけていることはペットがリラックスしている状態での「ペットファースト」な撮影です。

 

「自由に動くワンコ達を根気強くお付き合いくださり、徐々に吠えも減ってきてステキな写真を撮っていただけた」「無理なく、愛犬のペースに合わせて、撮影していただけてうれしかった」「愛猫が一人で撮られている時も安心してみていられた」など、撮影前は愛犬、愛猫の緊張や人見知りに不安があった飼い主様も、撮影がはじまってからとても和やかに過ごせたと伝えてくださっています。

 

3.飼い主が撮れない写真

スマートフォンのカメラもすばらしい進化を遂げ、写真が手軽に楽しめる現在ですが、わんにゃんフォトをご利用くださった飼い主様からは、自分だったら撮れなかったというお声も多くいただいております。

 

その理由も「自分では絶対撮れなかった表情」「写真がとても自然で美しい」といったプロならではの撮影技術に関するものから、「単に可愛い、面白い姿の写真ではなく、ペットたちの心の声が届くような写真」「自分の見てない、見えない景色や世界観を見せて頂けた」といった撮影の視点に至るまで多岐にわたるお声をいただいております。

 

また、「自分を見つめる表情を撮ってもらう機会は、とても貴重」など、一緒に写真を残せたことについても喜びの声を頂いております。

 

 

上記ではご紹介しきれないたくさんのお声があります。こちらからすべてご覧いただけます。