わんにゃんフォトを初めてご利用の方へ

大切な家族であるペットを想うからこそ、初めての撮影っていろいろと不安になりますよね。ご依頼の際にお聞きすることが多かったお声にお答えいたします。

 

ウチの子人見知りなのよね。撮影ってペットに負担をかけないか心配。自宅って絵にならない気がするんだけど。

 

飼い主様のご不安 その1
「ペットが人見知りなので、撮影できるか心配です」

わんにゃんフォトでは、事前ヒアリングシートで、その子の性格や特徴を、しっかり把握させて頂きます。また、撮影当日は、最初に様子を見ながら、仲良くなるところからスタートします。人見知り、吠えが止まらない場合、直ぐに、撮り始めることはしません。急くことはしませんし、指示の強制もしません。様子を見ながら、撮影を始めますので、どうぞご安心ください。

 

なお、フォトグラファーの中村は、動物と仲良くなるのが得意です。犬のプロからも「中村さんは動物を警戒させない体質」とお墨付きをいただいております。

 

 

飼い主様のご不安 その2
「撮影がペットに負担をかけないか心配です」

わんにゃんフォトの撮影場所は、ご自宅、お散歩コース、公園などの、いつもの慣れた場所。飼い主様もペットも、自由に過ごしているところを、カメラマンが近づいたり離れたりしながら、日常風景を撮影しますので、ペットにとっての負担はとても低いと考えます。そのため、「うちのわんこ、いつも以上に楽しく遊んでました!」というお声が多いです。

 

万が一、撮影途中で、飼い主様がペットのストレスを感じた場合は、遠慮なくご相談ください。撮影の継続有無も含め、ベストな方法をご相談させて頂きます。

 

 

飼い主様のご不安 その3
「自宅は、絵にならない気がします」

「自宅は狭いから。」「片付いてないし、絵にならない気がします」というお声を、時々お聞きします。でも、どうぞ、ご安心ください。背景をぼかしたり、遠近撮影を駆使して「写してほしくない場所」が写らないよう、気をつけながら、いろいろな角度で撮らせて頂きます。そして、リラックスした表情や可愛いペットの仕草は、ご自宅を素敵な場所に変身させてくれます。

 

 

 

すべてのよくあるご質問はこちらにまとめています。併せてご覧下さい。

 

撮影前の不安と撮影後の安心はお客様の声でもいただいています。ぜひ生の声をご覧下さい。

 

撮影のお申し込み、各種お問い合わせはこちらから。お気軽にご相談ください。